神戸アンティーク

 
 
 

INFORMATION

芸術に触れると良いこと

2020/10/06
すっかり涼しくなって風が心地よい秋に入りましたね。
秋と言えば…食欲の秋、読書の秋、そして芸術の秋!
芸術作品を観ていると、感動したり、発想力に驚いたり、素敵な絵に癒されたり、
普段の生活ではあまり感じるの事のない感情がこみ上げてきますよね。

 
 マリーアントワネット

芸術に触れるというのは、新しい価値観に出会ったり、アイディアや発想力、豊かな感性を育む事ができる為、
子供にとっても必要な時間であるようです。
 
KOBEANTIQUE_WAREHOUSEにも、もうほぼ芸術作品では?
と思う、当時の家具デザイナーやイギリスの職人達の凄い技術をたくさん見つける事が出来ます。


 透かし彫り(背景が見えるようにした技法)
 ピアストカービング 

細かく美しい装飾は芸術作品のようです。魅せるために作られた椅子に多く使われています。




細工(木を組み合わせて作る技法)
家具にそのまま施された技法で、キャビネット等で多く見かけます。



どれも高度な技術と手間のかかった技法である事がわかります。

良い木材で、手の込んだ造りの家具たちは、
ある程度壊れかけていても、修理が可能であり、使い続けられること



そして歴史を感じる事が出来ます。


イギリスの貴族たちが使っていた物かも…?
マリーアントワネットの時代のものかな?
そんな想像をしながら使うのもまた楽しいのがアンティーク家具の魅力でもあります。


そしてアンティークの魅力はやはり一点ものであるという事です。
同じデザインのものが多く出回っているものもありますが、傷のつき方や色が違います。
レアな物になると、購入できなければ、もう二度と巡り合えない事もあります。


 細工や曲線、装飾等の様々な技術と良質で美しい木材で作られた、イギリスのアンティーク家具たち。
お気に入りのアンティーク家具を見つけたら、お部屋に飾って芸術に触れる日々というのもきっと人生を豊かにしてくれると思います。
 
 
PAGE TOP